813 <快晴!第38回小豆島オリーブマラソン全国大会>

昨日、瀬戸内海に浮かぶ小豆島で開催された<第38回小豆島オリーブマラソン全国大会>のハーフマラソンの部に参加してしてきました(種目は5km、10km、ハーフマラソンの3種目)。記録は1時間49分21秒と、自己ベストには7分ほど及ばない凡庸なものでしたが、練習内容や本番の気温と湿度を考えると、私としては納得できるレースになりました。レース当日の天候に関しては、私は、雨というよりは土砂降り、台風、雷鳴、ゲリラ豪雨、みぞれ雨など、相当に恵まれた?ランナーです。この2014~2015シーズンも、既にフルマラソンで2回続けて雨でした。今回も事前の予想では雨だったのですが、25日は快晴になり、久しぶりに青空を見て走ることができました。なにか、それだけで、とても嬉しかったのです。


大会規模としたら5000人弱の参加者を見込んだ中規模レースだが、歴史はある。40年ほど前の自然災害で被害を受けた小豆島は、全国からの支援を受けた。その恩返しのひとつとしてレースが始まったそうで、大会名称の冠に伊達に全国大会と付いているのではないそうだ。予想では出発時点で気温20℃とのことだが、どう感じても25℃ほどには上がっているような。湿度に至っては90%超。これは手強い。

スタートしてすぐに驚いたのは、記録計測用のマットが敷かれていなかったこと。つまり、先頭ランナーがスタートしたグロスタイムしか記録されないので、実際の個々のランナーのネットタイムは計られていなかった。私としては初めてのことだ。う~ん、今のレースでこれでいいのか?まあ、いいとして、走った。しかしだ、右側走行というのは、これまた初めての経験。普段から左側走行に慣れているとはいえ、なんだろうか、この気色悪さは(笑)。

走っていると島だけに、規模ではない、内容にこだわった支援がされているのが、徐々にわかってきた。給水所がやたら多い。島の人たちの応援も、実に緩やかで「がんばれ!」というよりは「いってらっしゃい」のノリ。小刻みな坂が幾つかあるのと、道幅がそう広くないので、ランナーの足が交錯するシーンも目にした。このへんは、走って慣れていかないと。

実はG.W.明けからの練習が今ひとつ内容不足で、体重も予定よりも1kgオーバーと、自信がなかった。それだけに最初の4kmで感じた足の軽さのおかげで、気持ちまで軽くなった。このレースは、おそらく今まで私が参加してきた大会と比べて、出場平均年齢はグッと高い。周囲のランナーも年上が多い。アットホームな気質を妙に感じる。しかしレースはレースだ。目の前の道を黙々と走る。

8km過ぎから、コースは湾外沿いに半島へ向かう。映画『二十四の瞳』の舞台だった地である。本当はゆっくり映画の感慨に浸りながら走りたいものだが、如何せんそんな余裕のあるランナーではないので、どこを走ってもセカセカと焦っている(笑)。11km付近で、走力が同じか、少し上ぐらいの人を見つけたので、ひたすら後を追いながら進む。ちなみに女性で、フォームも美しい人だった。やる気というのは、自ら作るものなのだなあと実感した。

20分ほどそのランナーと同席したが、やはり地力が違ったみたいで、折り返し地点15kmで軽く引き離された。そこは映画関連の観光スポットで、もちろんデコちゃんこと高峰秀子さんの大きな笑顔も、私を待ってくれていた。いや〜、こんなリゾートなレースは初めてです。そろそろ気合いを入れ直して、終盤へ。16kmあたりから徐々にペースを上げる。給水が上手くいって、気温ほどにへばっていないみたいだ。

残り3kmからは更にアップ。競輪競馬競艇風に言うと、どんどん「まくる」時間。ここまで少し体力を温存し過ぎた感があったので、それなら全部使ってしまおう!ということで、ラストの坂道〜直線では、一旦抜かしたのに抜き返してきた数人の若いのを生け贄に、意地のダッシュで再度抜き返して、息も荒くハァハァとそのままゴール。振り返ると、若いのは随分後ろからやってきた。う〜ん、もうちょっと張り合ってくれよ。紫外線もかなり厳しくなってきた正午前のゴールインだった。

約一年振りのハーフマラソンは、正直言って気合いが足りていませんでした。どうしてもフルマラソンと比較してしまう。フルだとここからが本番という時にハーフは終わってしまうので、旅行で言うと日帰りみたいな感じがします(一方のフルは0泊二日感覚かな)。レース後の小豆島名物冷やしそうめんの食べ放題は、昇天する美味しさでした。水やスポーツドリンクを飲むよりも、よっぽど喉が喜びましたよ。

f0201561_18553998.jpg

[PR]
by ekakimushi | 2015-05-25 18:56 | スポルト日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekakimushi.exblog.jp/tb/24051850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。