986 <紙>*

紙って大切だ。紙がなかったら、私はどんな仕事をしたらいいんだろう。

紙を触る時、手袋をはめる人はあまりいない。紙と素手とは恋愛関係にあるんだ。

紙の話をすると、相手の気持ちが緩む。幼い頃、紙おむつをしていたのかな。

紙飛行機が空を飛ぶ。どんなに大きな旅客機よりも軽々と飛んでゆく。

紙を破ると音がする。紙に絵を描くと音がする。紙は楽器だったのか!

紙が雨にぬれてしょんぼりしているのを見ると、こちらまで頭を足れてしまう…

紙にペンで宛名を書いた。今の私の痕跡が運ばれてゆく。紙が手紙になる瞬間だ。

紙を丸めてポイ!ゴミ箱がいらないといってはじき出す。転がる紙に苔はむさず?

紙はジャンケンのパア。石を包むし、はさみで切れる。手のひらが紙だなんて!

紙がそばにある。紙の匂いをかぐ。紙の目に引きつけられる。紙と一緒に暮らしている。


(*日記No.463 2012年3月2日掲載のリメイクです。)  


f0201561_14483834.jpeg
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]
by ekakimushi | 2017-04-18 14:50 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekakimushi.exblog.jp/tb/27736268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。