『人生フルーツ』という映画を観ました。新聞で記事を読んで面白そうだなと思ったのですが、たぶん観に行かないだろうなという気がしました。(そういう類いの映画が私にはあるのです。)ところが先日友人がこの映画に出会って、以前からいろいろ考えていたことと合致する内容が多かった旨をメールで送ってくれました。是非観るべきであると。読んでいるとどうしても観たくなってきて、唐突に出かけたわけです。友人は映画関係者ではないのですが、こちらの気持ちを湧き立たせるに充分な情報を与えてくれたのですね。こんないいサポーターを持ったなんて、『人生フルーツ』は幸運な映画です。


以下は『人生フルーツ』の公式サイト(http://life-is-fruity.com/)の作品解説からです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。


かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。


 本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お二人の生き方が丁寧だと思いました。そしてできれば私も、そのようにありたいと感じる生活です。共感する人はきっと多いでしょう。『人生フルーツ』は単館ロードショーながら、ヒット中とのことです。関西では十三の第七藝術劇場で上映中です。興味のある方は是非どうぞ。


f0201561_21181910.jpg



















[PR]
京都に住んでいた頃、東山の岡崎にある美術館へよく通ったものです。話題になるような展覧会はもちろん、地味なのにも頻繁に顔を出していました。近くに住んでいたから通い易かったというのもあるし、確実に一人になれる場所だったというのもあります。その時分は絵について話をしたいと思っても、周囲にわかりあえるような人がいなくて、随分寂しい思いでした。

ある時かなり大きな土田麦僊展が開かれました。会場は京都市美術館でした。確か1984年だったはずです。日曜日の朝早くに行って、見る絵全てが安定した構図でまとめられていたことに興奮して、その気持ちを誰かと共有したいと思ったのですが、そんな人はどこにもおらず、結局終日岡崎公園を一人ブラブラして貴重な休日が終わってしまったことがありました。

大変な話題を呼んだカンディンスキー展やバルチュス展もそうでした。連日あれだけ大混雑するほどの集客があったにもかかわらず、作品や展示について誰かと語った記憶が全くないのです。いつも一人で見て一人で完結せねばならなかったのでしょう。そのころ勤めていた会社が悪いとは言いませんが(笑)、趣味の合う人がほとんどいない人間関係の中で黙々と働き生きてゆくのは、それはそれで厳しいものです。

その時分に比べたら、今は恵まれていると感じます。絵について語れる人、語れる場、情報まど、全てにおいて雲泥の差があります。もし今、あの頃に戻されたら、私はきっとおかしくなってしまうだろうな。30年以上も前に見た土田麦僊展のことをよく憶えているのは、共感できる人がいないため一人で何度も反芻していたからではないかと思うのです。美術館の近くに住んでいてこれでは、随分野暮な話ですよね。

(*日記No.460 2012年2月24日掲載のリメイクです。)   

f0201561_13242569.jpg
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]
今回の更新はちょっと特殊なものです。
当ブログとリンクしているフェイスブックの調子がおかしくて、タイムラインに書き込みができない状態で困っております。リンクでの更新はできるのかどうかを試すために、この日記を書いてみたものです。どういう結果になるのかわかりませんが、今までこのブログを続けてきて、こんなのは初めてです。読みにいらして下さった方、お騒がせですみません。

f.b.の書き込みができない症状について、もしご存知の型がいらっしゃいましたら教えてくださいませ!どうぞよろしくお願いいたします。

f0201561_22150835.jpeg






















[PR]
しこ名が萩原の頃から、稀勢の里は気になる力士だった。確か十両時代だったと思う。テレビで一目見て、力士として今時珍しい古風然とした佇まいに惹かれたことを憶えている。体格も素晴らしくてまだ十代と若かった。これはうまくいけば角界を背負う力士になるかもしれないと。あれからどのくらい経ったことだろうか。


萩原から稀勢の里になった男は、何度も何度も期待通りの活躍ができず、モンゴル出身の力士の添え役扱いに甘んじてきた。大事な一番で勝てない彼に、協会もマスメディアも言いたい放題だった。やれ、関節が硬いだの、出稽古に行かないだの、神経質だの、相撲感が鈍いだの、好きなように罵詈雑言をぶつけていた。そしてテレビで見ていても、後一歩のところでスルリと優勝を逃す稀勢の里は、悔しさを滲ませていたにもかかわらず、周囲からの酷いあしらいに抗う様子もなかった。我慢が信条なのはわかるが、しかし…


元大関貴ノ花の熱狂的なファンだった私は、稀勢の里が二所ノ関一門の鳴門部屋(というよりも阿佐ヶ谷一門か)出身ということもあって、いわば反両国派の力士として応援していた。が、この十数年間はそんな了見で相撲を見る時代ではなくなっていた。長い間外国人力士に国技をお任せしていたと嘆く好角家も多いが、現実にモンゴル出身の力士が一人もいなかったら、大相撲はずっと前に完全に消滅していたのではないだろうか。少なくとも八百長事件で多くの力士が罰せられた時に、角界を救ったのはまさしく横綱白鵬だったのだから。


その頃の稀勢の里は黙して実直、相撲は強いのだが、優勝争いに加わるも、賜杯を抱くには今一歩足らないところがあった。端的に言うと強い相手に強くとも、弱い相手に弱かった。また大一番になると、安全策の受けの相撲で後手を踏むケースが多く、そこを相手につけ込まれて速攻で何度も涙を飲んだ。そんな彼を懲りずに応援する気概を、私は徐々に失なっていった。


一昨年あたりから、立ち合いの一手に大きな変化が見え始めた。相手の身体が浮くほどの徹底した左のおっつけが強力な武器になり、取りこぼしが減った。一時ほど差し身も悪くなくなった。立ち合いの早さこそないが、相手を呼び込んでから土俵際で突き落とすなど、意図して相手充分で組み合って罠を仕掛ける相撲も見られるようになったと思う。15日間のトータルを見渡して土俵に臨む姿勢が顕著になり、残すは成績だけというところだった。私といえば、一歩離れたところで静観していた。近寄り過ぎると、あまりに悔しい結果が待っているに違いないから。


そして今年の初場所。思いもよらない初優勝だった。運も大きかったが、14勝1敗の成績は文句の付けようが無いだろう。優勝が決まった後だったとはいえ、千秋楽の白鵬との一番は相撲ファンにとっては堪えられない勝負になった。白鵬の立ち合いからの一気の攻めをこらえにこらえて、土俵際で鮮やかな掬い投げで逆転勝ちをした。私はあの相撲を、稀勢の里は狙っていたと見る。あれほど白鵬の寄り身と手足の回転が軽く見えたのは初めてだ。


優勝後のインタビューで涙を流す稀勢の里に、私は申し訳ないことをしたと恥じ入った。諦めていたのは私だったのだから。念願の優勝に浸る稀勢の里を褒めたり讃えたりする資格は、私にはないと思う。たぶん全国に同じような気持ちになった大相撲ファンは少なからずいたのではないだろうか。この場になって手のひらを返すように大きく持ち上げるメディアにうんざりする人も、同じように多いことだろう。稀勢の里本人には全く落ち度のない話しである。


先場所後の日本大相撲協会と横綱審議委員会の昇進の発言には、いささか「いい加減にしろ」と言いたくなったものだ。散々貶してこき下ろした力士を、全く関係のない年間最多勝を持ち出してまで横綱昇進気運を繕う様は、協会のご都合主義そのものだと感じた。そうまでしても、日本人横綱が欲しかったのだろう。稀勢の里は極度のプレッシャーの中で昇進を勝ち取る場所を失った。力士は協会に従うしかないのだ。


が、これでよかったのかもしれない。今まで散々苦渋を舐めた力士である。ほんの少しの容赦があっても、それもまた実力であり彼の相撲人生なのだから。

f0201561_13252688.jpg
休場をしない力士であることへの評価も高い。無事これ名馬そのもの。これから先、白鵬と共に角界をリードしてくれることを願わずにいられない。

























[PR]
高校へ入って最初の夏休み。野郎ばかり4人で、北海道へ旅をしたことがありました。
15歳でした。
そのころはほとんどの人が青函連絡船に乗って北海道へ行ったのでした。青森駅の船まで続くプラットフォームがエラく長くて嫌になったなあ。おまけに津軽の海は真夏なのに大しけで寒そうで。船底の雑魚寝部屋で船酔いしながら、とんでもないところへ来てしまったなあと思ったものでした。
なんで真冬に40年以上も前の真夏のことを想い出したかというと、夕べ連絡船に乗って船酔いした夢をみたのです。明け方にベッドから落ちて寒さで目が醒めました。海に投げ出されたかと思いましたよ!

「人生はぐるっと一周」
f0201561_14092252.jpg


「夜のスクエア2013」
f0201561_14094332.jpg


「にせもの」
f0201561_14101122.jpg


「中東模様」
f0201561_14103496.jpg


「おいしい水」
f0201561_14105622.jpg


「うたたね」
f0201561_14111562.jpg


「とじこもり」
f0201561_14113470.jpg


「お金そのものに意味はない。お金は数字だ。」
f0201561_14115404.jpg


「ピーターパンの役」
f0201561_14122266.jpg


「升目といえば」
f0201561_14125027.jpg


「ライプト・プラム」
f0201561_14131505.jpg


「水路の季節」
f0201561_14133615.jpg

「発散」
f0201561_14135810.jpg


「生活の柄」


「哀しみ」
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]