人気ブログランキング |

550 <マイ・フェイバリット・アクトレス 2(下)>

40代50代の女優さん選びの何が難しいかというと、この人いいぞと思う女優さんが悉く30代か60代であったことです。もう40代だろうと思っていた人はまだ30代であったり、まだ50代だろうとばかり思っていた人がもう60代だったり。年齢で括ることの不毛さを人選段階でいたく感じました。(かといって女優さん全般からざっくり選ぶというのも、どこか荒っぽい話しです。)それに深さを持った探し方をしたのか?という疑問もあって、改善の余地が大いにあります。



<夏川結衣>f0201561_1153042.jpg

少し前まで知らなかった女優さんですが、とてもいいニュアンスを表現できる人ですね。会話の中で自分の想いと裏腹の返答が帰ってきたときの、陰影に富んだ表情は最高です。(持って生まれたものが大きいと思います。)演技のヒダに読み取りの余地を多く残してくれるので、コミカルでもあるしシリアスでもあるし、芝居が薄っぺらくならない。第一印象は柔らかい女優さんの様に感じましたが、なんのなんの、結構リアリズムを突いてきます。今後は今以上にエネルギッシュに活動してほしい一人です。
気になるのは、どうも顔周りに肉が付きやすいタイプのようで、二重あごが顕著になってきたこと。首回りのルックスも含めて、今一度リセットが必要ではないでしょうか。最近は女優さんもアスリート的なコンディショニングを要求される時代になってきました。それが職業の延命にも繋がるとあれば、皆着手するでしょう。若返りとはいいませんが、現状の維持をできるだけ先々へ伸ばすべし!



<大竹しのぶ>f0201561_1153441.jpg

1975年(!)の連ドラ『水色の時』に初めて見たのですが、ボッチャリした清楚な田舎の娘役がぴったりで、どこまでが演技でどこからが地なのかがさっぱりわからなかったことをよく憶えています。今やもう立派なベテランなのに、綾瀬はるかのような天然風味が未だに溢れているつかみ所のない女優さん。飄々としていながら、役どころによっては凄みが利いて、母親役をすれば実に頼りない保護者になり、コメディをやれば相手を食い、舞台では有数の実力者。普通に考えたら日本を代表する女優さんの王道を歩いてきた人なのですが、軽いバラエティ番組でも笑わせどころがやたらと多い希有な人です。変わった素養の持ち主だなあ。
バブル期の安っぽいテレビドラマのヒットで未だにそのイメージを払拭できない女優さんが多い中、映画もテレビもブランクなく出続けていながら、次々と重要作に出演するタフネスが私は好きです。演技の苦労や努力を感じさせない力量に、後進の俳優が学ぶべき事多しですね(中谷美紀さんあたり?…笑)。もう少し年を重ねたら
是非とも『楢山節考』のリメイクものに出演してほしい!田中絹代、
坂本スミ子ら大先輩の女優に負けないものができあがる気がします。



<西田尚美>f0201561_11543239.jpg

迷ったのですが、最後はこの人で(笑)。なんといっても『ナビィの恋』の奈々子役が素敵でした。モデル出身らしいスタイルのいいチャキチャキの女優さんだなあと思っていたのも束の間、直後から役柄に大胆な変化が。生活が滲み出たような倦怠感に満ちたイライラ主婦やOLの役が非常に多くなって、今やこの種の役柄には欠かせないバイプレーヤのポジションを確保した感があります。人気が出るとは言いがたいキャラクターですが、得難い個性だと思う。ここにいろんな生活感をプラスしてゆくと故沢村貞子の線も狙えると勝手に期待しています。
ある意味で彼女はリアリズムを感じさせる女優なのです。見たくないものまで見せてしまう名人もしくは曲者。くわえタバコのシーンが評判に(悪い意味で)なったのも、モラルを盾にひとこと言いたくさせるような生々しいリアリズムがあったからでしょう。案外素は朗らかな人なのでは?


ちなみに惜しくも今回の選から漏れたのは、大地真央と風吹ジュンです。誰でもいいのか、私は(笑)。
by ekakimushi | 2012-11-14 12:00 | 私のお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/18166167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。