734 <小学校の時間割>

お盆も終わり、いよいよ焦りから作業机上が乱雑になってきました。もともと整理意識に欠けた私なので、何を今更と言う気もしますが、時間を横目で睨みながらの作業は落ち着かないものです。その割に、頭の中の遊び感覚は甚だ自由なようで、今日も絵の中で小学校の時間割りを描いていて、ふとこの時間割で今授業に参加するとなったら、どの科目が一番楽しいかなあと、しばし仕事を忘れて空想にふけってしまいました。

国語・算数・社会・理科・体育・図画工作・音楽・総合学習・学級課題・道徳。確かこんなラインナップだったと思います。私の子どもの頃には総合学習や学級課題といった授業はなかったと思うので、今となれば慣れ親しんだ授業に出たいものです。そうなると、やっぱり筆頭は図画工作かな。なんだ、これ、今毎日やっているじゃないか!(それも連日朝から晩まで…笑)時間割では週2時間だけですが、それでは少なすぎますね。もっと増やしてほしいぞ!

二番目は音楽。実は小学校の頃は音楽の時間が苦痛で…。習っている歌が退屈だったのと、名曲鑑賞が眠くて。フォスターは景気が良くてディープで、唄って善し聴いて善しでした。今だったらピアノに合わせて思いっきり唄うでしょうね。眠くなるなんてことはないだろうになあ。三番目は意外にも国語かな。平仮名の多い教科書がきっと新鮮だろうし、掲載されているテキストがきっと興味をそそると思うのです。もう一度、国語の教科書を読んでみたいなあ。

算数や理科や社会は、あまり気乗りがしないかもしれません。今興味が持てるかどうか、自信がないです。給食の後だったら寝てしまうかもしれない。一番戻りたくない授業は意外にも体育!現役時代は一番得意だった授業でしたが、この温暖化時代に運動場で走り回らされたら、もう、脱水症状を起こしてしまいますよ!涼しい木陰でのんびり休ませてほしいです(笑)。全く以て、老いた小学生の発想そのものですね。

好き嫌いは別にして、私を含めた大人が一番気を入れて臨むべきは、道徳の授業かもしれません。かつて私たちは日々の作法や敬いの教えを、先達より受けてきたはずなのに、昨今の大人の道徳心欠如は目に余ります。いろんな風紀が滅茶苦茶に成り下がっていると思います。小学校の時間割を、もう一度私ら大人に当てはめてみる意味と必要が、本当にあるような気がしてきました。

f0201561_13255170.jpeg
            添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]
by ekakimushi | 2014-08-19 13:33 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/22763724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。