806 <メール>*

いつだったか、あるミュージシャンがインタビューでこんなことを話していました。「仕事のやりとりはメールを使ってするんだが、多いときは朝から十数件商用が届いているから、ひとつひとつメールで対応していたら、それだけで午前中が終ってしまうこともある」う〜ん、わかるなあ!と言葉に出ました。私はこのミュージシャンほど多くの商用はないのですが(笑)、それでも5つほどのメールを真剣に打てば、あっという間に1時間ぐらい経ってしまいます。ネットで寄り道でもしようものなら、2時間ぐらいは簡単に消えます。おそらく利用者のほとんどの人がこんな経験をしているのではないでしょうか。


絵を生業にしている人の中で、私のような手描き一本やりの人間は、パソコンで絵を描いている人以上に、パソコンと描く作業とが分け隔てられているので、絵描き机とパソコン前との間で、時々ノッキングのような状態を感じることがあります。資料探しでパソコンを使用することもありますし、連絡の面でメールに大きく依存しているので、一日のうち少なくとも1〜2時間はパソコンの前に座っています(それぐらいなら少ない方なんでしょうね)。その間は絵を描くという実務的な作業が出来辛いので、実作業に当てられる時間からは外さなくてはなりません。意識の中では、パソコンに触っている時間はものを作っていない時間なので、どこか後ろめたい気がしています。


私の場合、メールがないと困るのは特に明白で、ぶつくさ文句を言いながら大いに依存中です。程度を考えて頼りたいところですが、交信ツールとしての利便性を考えると、未だに携帯電話を持っていなくて済ませているのは、パソコンのメールのおかげでしょう。どうやら生活の中で、まだまだノッキングは続きそうです。(これでiPhoneでも持った日には、ノッキング程度では済まなさそうです!)利用する心と、ものを創る心との、バランスの問題なのでしょう。と思ったら、またメールが…今日も返信に追われるようです(苦笑)。

(*日記No.0185 2010年5月11掲載のリメイクです。)

f0201561_14144352.jpg
            添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。
[PR]
by ekakimushi | 2015-04-23 14:16 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/23931670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。