1005 <おしゃまなセンダック>*

はやいものでモーリス・センダックが亡くなって、もう5年が経ちます。好きな作家がいなくなってしまうのは、尾を引きます。そういう目に遭うことが、これから間違いなく増えるでしょうね。ため息ばかりついてはいられないですが、ある人生が終わるということは、ひとりの人間が長い時間をかけて種をまき育て収穫し、ため込んだ記憶が一瞬にして消えてなくなることを意味しているわけで、取り返しのつかない損失なのだと思います。今回は5年前に書いたセンダックについての日記です。


時は1948年。センダックはニューヨークのダウンタウンに住んでいました。かなり貧しかった。健康面でも問題があった。まだ20歳の若い身の上には辛い状況です。上昇志向真っ最中の米国から取り残されたような暮らしを送っていたセンダックが自宅の窓から眺めていたのは、街中で遊ぶ子どもたちの姿でした。日がな一日、彼らのスケッチをして過ごしていたのでした。そのスケッチブックに描かれていた子どもの中に、彼女がいたのでした。


ロージーは当時まだ10歳。元気一杯で遊ぶ女の子を、センダックは無我夢中になって描き続けました。約9ヶ月近くも、ロージーと彼女の友達、家族、近所の人々を、センダックは何冊も何冊もスケッチブックに写し取っていたのです。それだけではありません。ロージーの奇妙な話し言葉や魅力的な遊びの発想までもが、そこに書き綴られていました。きっとその頃のセンダックにとって、ロージーは唯一の絵の対象であり、慰めだったのかもしれません。


その3年後『あなはほるもの おっこちるとこ』が発表され、絵本画家として認められたセンダックは試行錯誤をしながら自作の絵本作家としての道を歩み始め、自作絵本3作目でついにロージーを絵本にしました。1960年の『ロージーちゃんのひみつ』は、ブルックリンの貧しいユダヤ人の絵描き青年がロージーと過ごした9ヶ月から生まれたといってもいいでしょう。そしてその時間は、センダックが予想しないほどの栄養を彼に与えていたのです。


1964年に『かいじゅうたちのいるところ』が出版されると、センダックは永遠の輝きを手に入れました。なにやら気味の悪い、でも人の良さそうなかいじゅうたちと、わんぱくでちょっと寂しがりやのマックスのダンスシーンは最高級の芸術品でした。(「食べたいくらい好きなんだ、食べてやるから行かないで」という名訳を施したじんぐうてるおさんにも感謝!)あのロージーと出会ってから、もう16年の時が経っていました。


それから10年後。とあるテレビ・アニメに取り組んでいたセンダック。その番組で流す曲を書いてもらうには誰が一番いいか、センダックはもう頭の中に決めていたのです。それはキャロル・キングでした。会って、センダックの書いた詞にキャロルが曲をつけ一節唄った途端に、きっとセンダックは思ったことでしょう。「ロージー、君にぴったりの歌手がここにいたぞ!」って。二人が作ったアルバムは翌1975年に発売されました。タイトルは『おしゃまなロージー』。あの街角の女の子が再び帰ってきたのです。センダックは47歳になっていました。


センダックの絵本を読むと、いつもロージーのことを思い出してしまう。たくさんの傑作絵本をこの世に送り出したこの作家の心に住み着いて離れなかったロージー。センダックもまた彼女の居場所を終生確保することで、クリエイティヴな人生を全うする事ができたのではないでしょうか。人は一生の中で、何人のロージーに出会う事ができるでしょうか。センダックはきっと幸せだったことでしょう。「食べたいくらい好き」だったロージーに3度も会えたのです。それどころか、彼の手から生まれ出た作品には、必ずといっていいほどロージーが宿っていたのですから。生きていれば彼女は今78歳のはず。センダックがあの世へ旅立ってしまったことを、彼女は知っているのだろうか。

(*日記No.487 2012年5月11日掲載のリメイクです。)    


f0201561_20123921.jpg



















[PR]
by ekakimushi | 2017-06-24 20:17 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/27921119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。