1007 <半年カレンダー>

こんがらがった部屋の中で、探し物をしていました。「なんだ、これ?」と思って封筒の中から取り出してみると、それは今年のカレンダーでした。もう半年が過ぎた今頃になって発見された哀れなカレンダー。実はそれは、私が欲しかったものだったのです。なのに、いつの間にか埋もらせてしまって、半分を無駄にしたのです。あ〜、なんともったいない。


せめて1月から6月までの絵柄を楽しもうと思って見返しているうちに、この半年の間の些細な出来事が浮かんできました。やってきたもの、消えていったもの、ずっと続いているもの。一年という時間が早く感じられるようになって随分経ちますが、半年なる時間には、意外と多くの変化やアップダウンがあるものですね。


その中で私は、多くの刺激を受けたことと思います。片耳に入れてやり過ごす程度のこともあれば、ガツンッ!とやられたものも。つまり、刺激はあるときはあって当たり前であり、あるときは栄養や毒に転化します。7月3日の今日現在、大きな変化もなく、平素のメンタリティで生活していることを考えると、私はこの六ヶ月間をなんとか凌いだことになります。


件のカレンダーですが、使用しなかった半年分をバッサリ切り取って、今月から残り半年分に気張って活躍してもらおうと思っています。ドタバタしてばかりの日常に、ハイ&ローの精神状態が横槍を入れてくるにちがいない。半年後にカレンダーを処分するときに、頼りがいに感謝してさようならができるように、今日からお世話になります。

 
f0201561_13302360.jpeg
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]
by ekakimushi | 2017-07-03 13:31 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/27944013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。