1011 <若冲のステテコ>

昨日衣料品チェーン店のユニクロへ行ったら、伊藤若冲仕様のステテコを売っていたので、即買いました。ユニクロはこれまでも、様々な芸術家の作品や名前をTシャツ等にプリントして販売していました。ウォーホールやバスキアなどはあまりにポピュラリティがあって、買うにはためらわれるものを感じていましたが、遂に若冲にまで及んでいたのですね。


確かに若冲はファンキーです。2000年に京都で初めて展示を観たときのことは忘れられません。一発でK.O.されてしまい、その後は追っかけになり、金比羅山まで絵を観に登りました。この絵師がもし現代に生きていたら、デジタルツールを嬉々として使いこなし、且つ超絶なアナログ技術を駆使していたことでしょう。


だから今更ユニクロに若冲モードが出たからといって、驚くこともないのでしょう。現代への若冲美術の登場自体が、ヴィジュアル・スキャンダルに等しいものでしたから。今年の夏はこいつをはいて、筆を握りたいと思います。下半身に若冲の応援を受け、さぞかしいい作品ができることでしょう(笑)。乞うご期待を!

f0201561_20212014.jpeg
    添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















[PR]
by ekakimushi | 2017-07-18 20:23 | 絵のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/27981973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。