人気ブログランキング |

1144 <絵に描いたAMI☆TAME 1/3>

今年1月のクィーン以来、ひさしぶりの音楽ネタです。気がつけばもう6月。そこで今回は、今月中旬に関西ツアーを控えているAMI☆TAME(アミタメ)さんにスポットを当てて、三回連続で取り上げてみたいと思います。と、その前にまずはAMI☆TAME『関西ダイナマイトCDツアー2019』ツアー日程の知らせを。日取りと場所をチェックして、是非いらしてくださいませ!

f0201561_19050615.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月13日(木)
神戸三宮『からすのはーもにか』
AMI☆TAME
※神戸市中央区山手通2-12-10 マンションリーベ1F
※TEL:078-251-7771
※http://www.karasu-bar.com
■時間:19:00/オープン 1st/19:30〜 2nd/20:30〜
■チャージ:2500円(ドリンク別)

6月14日(金)
■場所:奈良『Jam Stock』
AMI☆TAME
※奈良県大和高田市築山赤坂町210-1 赤坂マンション1F-5
※TEL:0745-52-4626
※近畿日本鉄道大阪線築山駅
※HP:http://www.sapporobeer.jp/gourmet/0000006298/
※facebook:https://www.facebook.com/pages/Bar-jam/364830863626567
■時間:19:00/オープン 19:30/スタート
■チャージ:2500円(+1ドリンクオーダー)

6月15日(土)
■場所:大阪福島『THIRD STONE 福島店』
AMI☆TAME & Funky Papa OAリュウト
※大阪市福島区福島8-8-3ランドマーク福島B1-2
※TEL: 電話設置完了するまで 08032527577までお願いします。
※JR環状線 福島駅 徒歩3分JR東西線 新福島駅 徒歩3分
※http://www.3rd-stone.jp/
■時間:18:00オープン / 18:40スタート
■チャージ:3000円(ドリンク別)

6月16日(日)
■場所:西宮『Flapper House』
AMI☆TAME祭り!出演多数
※兵庫県西宮市馬場町5-5
※TEL:0798-20-1497
※阪神西宮駅えびす口下車 南口から南へ徒歩3分
※http://r.goope.jp/flapper-house
■時間:17:00/オープン 18:00/スタート
■チャージ:2500円(ドリンク別)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


AMI☆TAMEさんは、アミさんとタメさんの夫婦による、シンガー&ギタリストのデュエットコンビです。主に神奈川県や東京都で活動し、合間を縫って北海道から九州までをツアーで回っています。二人ともキャリアは長く、その芸歴をここで書き出すと、あっという間にこの回が終わってしまうので、そのあたりの情報はH.P. (http://amitame.jpmusic.net/index.html)を参照してください。いつかは音楽の連載で取り上げてみたいものだと思ってたAMI☆TAMEさんですが、ツアーはあるわ、ニューアルバムも出たわ、TAMEさん還暦だわ、これだけ重なる今が一番ふさわしい時期なのではないでしょうか。それでは <絵に描いたAMI☆TAME>第一回始まり始まり。


2008年9月。それまでの三ヶ月間、全く休みのないハードスケジュールの仕事を終え、得意先さんへ最後の納品をした日の午後のこと。虚脱感一杯で喫茶店に入り、厳しかった日程を予定帳で振り返っていたら、なんとその日はライブのお誘いをもらっていた。すっかり忘れていた。う〜ん、どうしようかなあ。寝不足で頭はぼんやりしているし。散々迷った挙句、仕事終わりの気分転換のつもりで行くことに決めた。お誘いの主はHさん。出演者はAMI☆TAME★CHOOとある。誰?知らんな。


実はそれまで、Hさんから何度も「是非ライブへ来てくれ!」と声をかけてもらっていた。しかし行っていなかった。そんな不義理も胸の中にあった。残暑の残る尼崎の某所。AMI☆TAME★CHOOなる三人組のライブはサム・クックの「ワンダフルワールド」から始まった。イントロのコーラスを聴いて「お…」、二曲目CSN&Yの「ティーチ・ユァ・チルドレン」で背筋硬直、三曲目エルトン・ジョン「グッバイ・イエロー・ブリックロード」で、完全に後悔。「しもた、もっと早く来るべきやった!なんで誰も教えてくれへ…あ、何回も言われてたんや、俺…ああ!」。ここで教訓を:人の言うことも、たまには聞いた方がいい。


AMI☆TAMEに盟友CHOOさんを交えたこのトリオは、とにかく強力だった。ステージの進行と共に気分は高揚するのに、これまで彼らの音楽に接する機会を逃してきたかと思うと苛立ちもする。相反する心中が決壊したのは、ラストで唄われたグラディス・ナイト&ザ・ピップスの「さよならは悲しい言葉」。普通、この演目はありえない。唯一無比のオリジナルを向こうにして、たった三人、楽器はギター二本だけで、あの溺れるような恋愛情景を物の見事に演じてしまうのだから、心底参った。これで泣かなんだらいつ泣くねん!


耳の奥までガツ〜ンとやられ、ライブの余韻に浸っていたら、Hさんがやってきた。「どや、ええやろ?そやから来い言うてたんや」そう勝ち誇ったように言われても。「よかったんやったら、絵に描けよ!」え?なんで絵描かなあかんねん?まあ、しかし、Hさんは何度も私を誘ってくれていたし、不義理に対するお詫びの意味もあって、AMI☆TAME★CHOOの絵を二枚描いて渡した。翌2009年に再び三人が来阪した折、ライブの告知チラシに使われていたのがそのときの絵だった。それを見たとき思わず口走ってしまった。「こんなん使うんやったら、新しいの、描いたのに!」。それを聞いたHさん「ほな、描いてもらおか」。それから10年、未だにチラシの絵は続いている。

f0201561_19061817.jpeg





















by ekakimushi | 2019-06-05 19:22 | 音楽えかきむし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ekakimushi.exblog.jp/tb/30630823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi2a at 2019-06-06 10:59
素敵なポスターですね!\(^^)/
関西ダイナマイト…プロレスラーのダイナマイト関西と勘違いしました(笑)
私はブルースバンド「鬼ころし」のライブで
拝見することが多いのですが、アミ☆タメライブも何回か行きました。亜美さんのトークも楽しいです♪
いつか関西ツアーに行けたらいいなぁ

Commented by ekakimushi at 2019-06-06 18:36
書き込みをありがとうございます。
関西ダイナマイトというプロレスラーがいるのですね。全く知りませんでした💦
関西ツアーはいつもファミリーな雰囲気です。ちょっと勘違いした人も(馴れ馴れしい!)たまにいますが(笑)。

私は鬼ころしは未体験です。東京へ行く折には、いつもAMI☆TAMEさんのH.P.をチェックしているのですが、なかなかうまい具合に当たりません。いつか行けたらいいなぁ。