人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

たまに人の所作を眺めていて「あ、この人、嬉しそうにやってるなあ」と感じることがあります。遊びでも仕事でも何でも。表情でわかる?声でわかる?物腰でわかる?うん、そうそう。高揚するときには、人は何かしらを漂わせる生き物なのでしょう。それが見ているこちらの口や耳や鼻の穴から、体内へ入ってくるんじゃないでしょうか。好きで好きでしょうがないの部類になると、知らないうちに周囲を巻き込んで触発したりしますから、楽しむという感情は薬物のような作用を含んでいるのかもしれないな。


突発的に心の火が燃え上がるような楽しさは、なにしろ勢いが違う。若い頃はそんな引火がなければ、本当の喜びには到達できないと思っていました。さすがに今は、そこまで極端なことは頻繁にはないと考えます。むしろしっかり準備をして、気持ちを整えて、計画に沿って達成できる喜びを望んでいます。その中で、予測通りと予測外が混じり合った過程に身を置くわけです。結果が期待したものでなくとも、某か充実した時間が過ごせれば、おそらく次の局面へ向かう姿勢も背筋がキリッと伸びたものになっていることでしょう。


私は朝起きたときに、今日は何で楽しむのですか?と自問する癖があります。そうしないと、身体が前へ進んでゆかない質なのです(つまり寝床から起きれない!)。些末な出来事に煩悩を抱えていたとしても、行き先に何か楽しいことが待っていると考えただけで、全てO.K.になってしまうことが多い多い!先々の不安を始終実感していないと落ち着かない、といった類いの悲観論者によく出会います。現代的な風潮というよりも、昔からそういう人たちは絶えず周囲にいました。そしてよく皮肉られたものです。「毎日楽しそうで、結構なことだ」なんて。


困難に耐える力は、確かに人を強くすると思います。それと同じぐらいに、楽しみを見つける継続力は、生活に張りや艶を自製させます。楽しむことは弛緩の上だけではなく、大いなる緊張の上にも生み出されます。楽しみ尽くした後には、感情は柔軟性に富んだ繊細な筋肉のようになっているのではないでしょうか。再び喜びに浸れることを目標に、目の前のひとつひとつをこなしてゆく。そんな反復の強靱性を、楽しむ力は養ってくれると感じます。そして楽しむことは、人から学べる最初の教えでもあったと、今思い出しました。

(*日記No.708 2014513日掲載のリメイクです。)


添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















一昨日、個展『えかきむしの世界』は無事終了いたしました。お越し下さった皆さん、どうもありがとうございました。天候にも恵まれ、毎日笑い声の絶えない展覧会になりました。たくさんの出会いがあり、まだ自分の中で十分な消化ができた気がしないです。明日あたり、間違って会場のYosugaさんへふらっと行ってしまいそうです(笑)。それぐらい居心地のいい、人の出入りが多いナイスな空間でした。

いつもの新作オンリーの個展と違い、今回は旧作メインの内容だったのでD.M.は作らず、広報はフェイスブック、ブログ、ツイッターといったSNSと、地元の人への口コミだけ。にもかかわらず連日たくさんのお客さんが来てくださり、盛況のうちに幕となりました。このことはいかにお客さんの反応が良かったかを物語っています。それと同時に良質の発信者となって二次観覧者を呼び込んでくださったのです。なんとありがたいことだろう。

この10年ほどの間、私の個展の場になっているのは、大阪の西中島南方にある海月文庫さんです。ここを起点に、合間であちこち展示をさせてもらっているのですが、今回の個展は今まで味わったことのない感覚を体験できました。会場のYosugaさんが立地する大阪市生野区猪飼野の街の風土と、オーナーであるAさんのビジョンによるものだと思います。

今から1600年もの大昔より、朝鮮半島の文化的先進者を迎え学んできた土地であり、今日も多くの在日朝鮮民族と日本人が共栄共存する街、猪飼野。歴史的政治的な対立、差別や偏見の中で生きてきた街、猪飼野。YosugaオーナーのAさんは、小学校教師を30数年されてきて、キャリア最後の学校が猪飼野にあり、この地で教育につながる様々な支援活動に身を投じて来られた人です。

Aさんが教職を退かれる前から、私は聞いていました。地域の子どもたちを真ん中に据えて、いろんな人が様々な発表や発信、議論、集いが持てる場を作りたいと。確かに理想的ではありますが、云うは易し行うは難しです。そう若くもないAさんに(失礼!)本当にできるのだろうか。私は正直に申しまして半信半疑だったです。そして昨年の5月、まちの拠り所〜Yosuga〜は走り出しました。

4月17日からの一週間の個展期間中、毎日Yosugaさんに通って、私は感嘆しました。ビジョンが現実に目の前に姿を現している。子どもや街の人が頻繁に顔を出してくれる。支援活動のミーティングが自然発生する。問題意識は共有され、企画のアイデアが泉のように生まれる。大きなお金に頼らず、知恵と協力で少しでも前に進む。子どもたちの将来のために、今できることをやってゆく。私がギャラリーで毎日目にしたのは、そういう光景でした。

無事個展が終わった今、どういう理由で自分がYosugaさんで展覧会をやったのかが、おぼろげながらわかってきました。それを言葉で表すのは難しいですし、Aさんが私に望んでおられことを、今回の個展でできたかどうかもわかりません。ただ、実感として言えることがあります。Yosugaさんでの私の個展は、トーナメント制ではなく、リーグ戦になるということです。

f0201561_18404795.jpg
f0201561_18410404.jpg
f0201561_18412566.jpg
f0201561_18414266.jpg
f0201561_18420041.jpg
f0201561_18421585.jpg
画像は、まちの拠り所〜Yosuga〜さんのフェイスブックよりお借りました。





















個展『えかきむしの世界』が始まって、早三日が終わりました。できれば毎日の報告をしたいのですが、通勤(!)に片道1時間ちょっとかかるので時間の捻出が思うままにならず、遅れ遅れで三日が経ってしまいました。会社通勤や通学って大変なんだなあ。私には無理ですわ💦

会場のYosugaはいろんな利用ができる多目的スペースなのですが、絵の展示は今回が初めてだそうです。それをいいことに、自分の好きなように作品を並べて貼って、雑多な感じでやっております。きちっと整頓された見せ方よりも、私の好みかもしれません。

Yosugaは生野区にあり、この土地に住む人や勤務する人が次々来てくれるのがうれしいです。通りがかりの人や学校帰りの子どもたちのように、美術や児童書にそれほど関心がなくても、何かやっているから覗いてみました、という風に顔を出してくれます。そんな人に見てもらいたかったのです。

今回はD.M.での案内をしておらず、概ねネットによる拡散か口コミが告知手段なのですが、両極端な広報が妙にこの場に合っている気がしてなりません。オーナーのAさんの人的地域的つながりは、まさにネット的でもあるのです。そこが面白いし強いと思えます。いつもの個展とはかなり違う独自色を見て楽しんでいます。

4月20日と21日は終日在廊予定です。明日20日はイベントがある関係で、18:00にで終了させていただきますので、どうぞお間違いなきようよろしくお願いいたします。   

f0201561_22262641.jpg
f0201561_22264431.jpg
f0201561_22270198.jpg
f0201561_22271474.jpg
f0201561_22273319.jpg
今回の目玉!AMI☆TAMEさんのおニューのCD!ジャケットの絵を担当させていただきました。
内容は最高です。この個展のサントラとして、期間中はヘヴィーローテで流しております。
みなさん、買って下さいまし!

























個展ネタが続きますが、今日搬入をしてきました。11:00〜17:00ぐらいまで、ゆるゆるやっておりました。いいですね、作品や絵本を並べたり飾ったり。一番楽しいのは私かもしれないです。明日から個展『えかきむしの世界』のはじまり。生野区で展示をするのは初めてなので、どんな人と出会うのか今からドキドキです。ちなみに今日の作業中も、フライングで近所の子どもたちがやってきました。エラくご機嫌さんでノリがいい(笑)。大好きだなあ、こういう人たち!

そして期間中の私の在廊予定を。
20日(土)と21日(日)は終日在廊します。それ以外は15:00〜終わりまで在廊します。
いろんな人と会って言葉を交わしたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『えかきむしの世界』 〜 中川洋典 個展〜
絵本作家 中川洋典の生野区での初個展です。
新名所「まちの拠り所〜Yosuga〜」にて、熱々の絵と絵本を展示&販売いたします。
どうぞいらしてくださいませ♪ お待ちしております。

日時:4月17日(水)〜23日(火)
   11:00〜19:00
 (20日(土)は18:00まで
 最終日は17:00まで)

場所:まちの拠り所〜Yosuga〜
   〒544-0033 大阪市生野区勝山北5-7-11
   https://www.facebook.com/yosuga11/
   Tel:06ー6796ー9897

会期中のイベント:『絵本を真ん中に置いて』 
 4月20日(土)18:00〜
 要予約。
 facebookまちの拠り所〜Yosuga(https://www.facebook.com/yosuga11/)   
 にメッセージで参加希望を連絡してください。
 一人一品持ち寄りで、参加型絵本夜話をやります。
 絵本について日頃思っていること、感じていることを語ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f0201561_20014889.jpeg
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。





















<個展への道>って、個展を開くまでの苦難の歴史みたいですが(笑)、全然違います。今月17日から始まる個展『えかきむしの世界』の場となるYosugaさんへのアクセスをお知らせしたいと思い、先日駅からの道中を画像に収めてきました。これで土地勘のない方も、楽々でたどり着けますよ!

最寄りの駅は大阪環状線の桃谷駅です。
ここからYosugaさんまで、歩いて15分ぐらい。それではご案内します!



大阪環状線桃谷駅の南改札口。ここを出てまっすぐ。


このJR看板が目に入ります。ここを左に曲がると、、、
f0201561_21360696.jpg

桃谷駅前商店街が!ここをまっすぐ。
f0201561_21363178.jpg

まっすぐまっすぐ。自転車の往来が多いので気をつけてね。
f0201561_21370541.jpg

だんだん人通りも少なくなってきますが、まだまっすぐ。
f0201561_21372741.jpg

アーケードの下をまっすぐまっすぐ。
f0201561_21374831.jpg

駅を出て10分ぐらい歩くとアーケードが終わり、ここに出ます。
信号を渡って(横に走る道が有名な疎開道路)、正面の赤い看板のお店を目印にまっすぐ行くと、、、
f0201561_21381216.jpg

この三叉路に出ます。赤い看板の『匠』の左の道を行きます。
f0201561_21390347.jpg

芸術的なサビをしたシャッター前を通り、まっすぐ行くと、
f0201561_21394769.jpg

また三叉路に出ます。ここをまた左へ行くと、
f0201561_21401289.jpg

岡歯科の看板がある交差点に出ます。ここを右へ。(ちなみに左へ行くとコリアタウンへ行けますよ。)
f0201561_21403112.jpg

そのまままっすぐ2分。
f0201561_21412889.jpg

到着!右手に現れたこの格子の建物がYosugaさんです!
f0201561_21414459.jpg

ここです。シャッターのところが入り口です。
f0201561_21421632.jpg
f0201561_21423180.jpg


新旧合体の作品を見ていただこうと、目下準備中ですので乞うご期待を。
たくさんの人にお会いできるといいなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『えかきむしの世界』 〜 中川洋典 個展〜
絵本作家 中川洋典の生野区での初個展です。
新名所「まちの拠り所〜Yosuga〜」にて、熱々の絵と絵本を展示&販売いたします。
どうぞいらしてくださいませ♪ お待ちしております。

日時:4月17日(水)〜23日(火)
   11:00〜19:00
 (20日(土)は18:00まで
 最終日は17:00まで)

場所:まちの拠り所〜Yosuga〜
   〒544-0033 大阪市生野区勝山北5-7-11
   https://www.facebook.com/yosuga11/
   Tel:06ー6796ー9897

会期中のイベント:『絵本を真ん中に置いて』 
 4月20日(土)18:00〜
 要予約。
 facebookまちの拠り所〜Yosuga(https://www.facebook.com/yosuga11/)   
 にメッセージで参加希望を連絡してください。
 一人一品持ち寄りで、参加型絵本夜話をやります。
 絵本について日頃思っていること、感じていることを語ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0201561_21442578.jpg


























2009年4月3日、つまり十年前の今日、このブログを書き始めました。それまではメルマガやmixi(懐かしい!)でいろんなことを書き散らしていました。この「中川洋典のえかきむし日記」は、基本的には絵に関連したことを書いています。時々絵から離れた話題も含めて、気負わずに不定期で続けています。それが十年続いた理由だと思います。飽きっぽい男にしては、大したものです(笑)。

今回で1135回。ちょっと前から、リメイクと称して、過去の回を再登場させたりしています。始めた頃のように、ブログにベッタリというわけにはいかなくなりました。(SNSの存在は大きい。)ブログそのものを古く感じることさえありますから。しかし、やめようとは思いません。ここは私にとって、気分転換の場所そのものだから。好きなのですよ、文章を書くのが。

とはいっても、最近はブログがおろそかになりがちです。いかんいかんと思いながら、つい後回しになってしまう。十年前は他の何よりも、ここが最優先だったのにね。更新も途絶えがちで、この数か月は月4〜6回程度です。まあそれでも、伝えたい事柄は尽きず、自分自身の創作にまつわるニュースは途切れずにやってくるので、これからものんびりやってゆきたいと思っています。

読者の皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


f0201561_19163392.jpg
添付されている画像の無断転用・使用を禁止いたします。